子宮(前立腺)、卵巣(睾丸)の反射区

子宮、卵巣の反射区は生理中は揉んではいけません。

生理が重くなったりします。(出血が多くなります)ここは特に注意してください。

足の内側、くるぶしの下に子宮、前立腺の反射区があります。

親指の腹でやさしくなでるように揉みましょう。

反応はいろいろ。
しこりの大きさや硬さで判断はしますが、ちょっと難しいです。
硬いしこりや柔らかいしこり、また、水ぶくれ?といった感じのものもあります。

ただ、しこりがあれば、調子は良くないということになりますので女性では
<子宮の筋腫、内膜症などに気をつけるようにして下さい。

生理の重かったり、不順ぽかったりでも反応はでますので、深刻になる必要はないと思いますが・・。

小さな水ぶくれ?のような感じで反応がある人がいます。
これは、妊娠の反応の場合があります。
過去、何度か当てました。


足の外側のくるぶしの下が卵巣、睾丸の反射区。

こちらは元気が無い時などによく揉みましょう。

反応はやはり、しこりが多いです。

揉み方は親指の腹でやさしく揉みましょう。

最初に書きましたが、生理中に揉むとかえってつらくなってしまいますので
気をつけてください。

以外の時に揉めば、改善の効果が期待できます。
女性では生理不順、またはおもくてつらいような場合。

撫でるように揉むだけでも効果はあります。


女性ホルモンは、簡単に補充できます。
そして、効果はかなりのもんです。


1から始める足裏マッサージのテクニック完全版へもどる